新薬モニターの安全性について

厚生労働省認可済みの安全基準を満たした薬のみが対象です!

新薬モニターで使用される薬の種類

新薬モニターアルバイトで使用される薬の種類は大きく3つに分類されます。

1
すでに外国で市販されている薬

【例】アメリカで市販されている頭痛薬を日本で発売するために許可をとる。

2
すでに市販されている他社の薬と同一成分の薬

【例】A社の薬の特許が切れたため、B社が同一成分の薬
   (ジェネリック医薬品)を製造し、日本で発売するための許可を取る。

3
新しく開発された薬

【例】研究開発され、有効性が確認された新薬を発売するための許可を取る。

上の3種類のうち、1、2の場合、新薬とは言っても、すでに市販され、多くの方々が使用している 薬と同一成分なのですから、 安全性についてはすでに実証されていることがお分かりいただけるかと思います。

新薬モニターアルバイトで使用される薬の種類は、ほとんどの場合、上の3種類のうちの
1または2で、3は めったにありません。
なぜなら、新薬は毎日のように開発・発見されるわけではなく、さらに、新薬が 開発・発見され、ヒトに使用されるまでには 10年近くの研究・開発期間が必要となるためです。

また、上の3種類のうちどの新薬であっても、新薬モニターアルバイトを実施する際に、 当然、新薬モニターアルバイトの方々の安全は厳格に守られます。国は、新薬モニターアルバイトに使用される新薬に対し、GCPと呼ばれる厳しい安全基準を定めています。

そして、新薬モニターアルバイトを実施するためには、その安全基準をクリアしていることが 条件となっています。さらに、新薬モニターアルバイトの安全性は、製造元の大手の製薬会社 (CMなどで名前をよく耳にする会社ばかりです)から全面的に保障されています。 ですので、安心して新薬モニターアルバイトにご参加いただけます。





メールマガジン

最新の高収入アルバイト情報や    体験談をお送りしております。    

→ バックナンバー

規約に同意して登録


powered by melma!

モバイルサイト

携帯で
右QRコードを読み取るか、
URLをケータイに送信
してアクセスしてください。

QR
 
jp.jooble.org