高収入アルバイト体験談-詳細-

かなり楽できました。

ペンネーム 桃園(男性)さん 参加地域 東京都
報酬(期間) 42万円(33泊34日×1回) 掲載日 2010年12月15日

初参加として、33日出かけてきました。

事前検査を受けたのですが平均よりは少し太り気味だったのか、後日に電話がかかってきて再検査となり、多少のダイエットをして受けたところ見事合格となりました。しかし、入所する当日にも再び検査があり、自分は合格しましたが、そこで何人か落ちていて、せっかく用意した荷物を片手に帰された人もいました。あとで、他の人に話しを聞くと、前日はカレーやラーメンなどの脂っこいものや、カフェイン&アルコールは口にすると落ちてしまう事もあるようで、あっさりとした魚料理、2リットルほど水を飲むなどしていると良いようです。

最初の5日ほどは、いきなり大量の薬を飲むと危険なので、少量の薬を飲まされ、その後に多くの薬を飲む期間となりました。しかし、それでも多少の眠気、食欲減退や吐き気などもありましたが、それ以外は普通に過せたのです。別の人で体調が悪くなり、あえなく途中退院となっている人がいて、聞いてみたところ、早く退院する分の謝礼はいくらかは減ってしまうそうです。

そしてこの病院の特徴として血圧検査が一日に3回あり、朝には排便の回数、下痢気味か、普通だったのかなども聞かれたのです。血圧検査をやる5分ぐらい前には安静時間に入り、ベッドの上で横になるように言われ、それが少々退屈にも思いました。食事などは弁当屋から支給された物を食べたりして、飲み物は水とノンカフェインの麦茶だけ。そのようないくらかの制限もありますが、後はゲームをやろうが読書をしようが、外に出ることさえしなければ自由でした。

週に一度だけはみんなで団体行動として外出をして、少々の散歩などもしましたが、食べ物などの購入は禁止なので、あまり出たくない人は拒否なども出来るようです。それでも後半はさすがにいくらかは動いて欲しいと言う事で強制参加になっていました。

そして、新薬モニターには「留置針」が数日に一回、合計四日ほどありました。一日に数回採血するのですが、ハリに点滴の管のようなモノが数センチ付いたモノを朝に身につけて、その管から採血するのでいちいちハリをささないですむということですが、人によっては一日中痛いと思う人や、付いていることを忘れるぐらいの人などもいるようです。自分は刺す場所によって痛い時と、痛くないときがありました。そして、その留置針の時に朝食は20分かけてやるように言われ、ゆっくりと食事して最後の一口を残しておいて20分経過したぐらいに食べると言うことをし、昼食は一回目の留置の時と同じ食事で、その一回目の時に残した場合は、まったく同じ分量を残すように言われました。

就寝は23時だが、ベッドのライトを付けて本を読むなどは24時までOKで、翌日の6時30分には起床。他の人が夜ゴソゴソやって寝付けない場合の為にアイマスクや耳栓を持っていくのも良いかも知れません。

こうして退院の時には3万円を貰い、3日後に事後の健康診断があり、そこでまた3万円もらい、残りの謝礼を後日振込で貰いました。事後の健康診断までアルコールなどは飲まないように言われ、そこで引っかかると振込が遅れるかもしれないと言う事でだったので、すべての工程が終わってから、ようやく好きなモノを口に出来ました。

色々と不満点を書いていますが、それらを踏まえても、かなり楽してお金をいただけるのには変わりありませんので、時間に余裕のある方にはオススメです。





あなたの高収入アルバイト体験談を投稿しませんか?

メールマガジン

最新の高収入アルバイト情報や    体験談をお送りしております。    

→ バックナンバー

規約に同意して登録


powered by melma!

モバイルサイト

携帯で
右QRコードを読み取るか、
URLをケータイに送信
してアクセスしてください。

QR